等級が重要


後遺障害ですが、認定されたなら必ず等級というのが決められます。ですから、等級の方をしっかりと確認してから交通事故の賠償金の獲得をするようにしてください。そうしないと損することになります。

等級とは、簡単に言えば後遺障害のレベルのようなものです。14級から1級まであり、数字が小さくなればなるほど重い症状となります。もちろん、重いのに他の等級と同じということはなく、等級ごとに賠償金というのが異なります。それこそ14級と1級の差は100倍違う場合もあります。必ず後遺障害の等級を聞いて弁護士に相談をし、それに応じた賠償金を獲得するようにしてください。

後遺障害の等級は自分で決めるのではなく専門のところで決めるようになっています。また、当たり前ですが相手や相手の弁護士などが決めるということもないので必ずその点に注意してください。本当に極稀に勝手に決められてその賠償金で済まされるということがあります。そのようなことを避けるためにも正しい等級を知り、適切な賠償金を獲得できるようにしてください。

等級の傷病名や状態を把握しておくようにしてください。少なくとも後遺障害を持っている人の状態に合致するものがどれかをしっかりと確認しておくようにしてください。その通りになるとは限りませんが、適切な等級になるために弁護士に相談をしておくようにしましょう。

【参考サイト】交通事故被害者救済サイト

コメントは受け付けていません。